矯正歯科に関する情報が満載!

矯正歯科に通う人が中高年にも増えている

歯の矯正は小学校のころなど子供のときのほうが、顎の大きさも決まっておらず、歯が動かしやすいので薦められるタイミングだといえます。
永久歯に生え変わる時に、うまくスペースを作ったり、顎の成長に合わせて歯を動かすことができるため、大人になってから整形外科を視野に入れた治療を考えると患者さんにも負担が少ない治療が望めるからです。
しかし矯正歯科での治療は自費治療となるため高額な治療費がかかるし、定期的に歯医者さんへ通わねばならずなかなか子供の時には経済的にも難しいことも事実です。
そこで歯並びにコンプレックスを感じている中高年が、働き出し自分で稼げるようになってから矯正歯科で歯列矯正を受ける人が増えています。
歯並びは悪いと営業や接客など人に見られる仕事の人は何かと不利だし、実は歯並びが悪いと体に不定愁訴を感じる人もいるのです。
歯のずれが体のずれにつながり頭痛やめまい、肩こりを起こしたりし、原因が歯並びの悪さに起因することもあります。

矯正歯科の治療について

テレビでアイドルや芸能人の白くてきれいな歯を見ると、自分も治療してそういう歯並びを手に入れたいと思うものです。
すぐに手に入れたいと思って美容外科に行くと、歯の神経を抜いて差し歯を入れる治療を薦められるかもしれません。
しかし神経を抜いた歯はもろく、折れやすいのでできれば美容整形ではなく矯正歯科による歯列矯正を受けたほうが安心できます。
歯列矯正は自費治療になるため高額な金額がかかるし、定期的に矯正装置のメンテナンスに歯医者さんへ通院する手間がかかります。
さらに大抵矯正歯科で歯列矯正を受けると、年単位の期間がかかります。
途中で歯医者さんを替えるのはよくないので、最初にどこの歯医者さんで受けるのかを症例を見せてもらいながら決めることが大切です。
歯並びは見た目だけではなく、かみ合わせがいいと消化機能を助けることにもなるため健康によいことなのです。
咀嚼率が上がるし、歯磨きがしやすくなるため、虫歯にもなりにくくなります。

Favorite

成田空港近くの駐車場を利用する
http://www.coco-parking.com/

Last update:2017/2/9